モテ女子が抑える、冬の人気通販アイテム

冬服カタログ 人気ショップ

寒い冬がやってきました。

 

寒さから逃れるためにうっかりオシャレを無視してしまいそうになる時もあるけど、ハッとする。

 

やっぱりオシャレでいたい。

 

冬服は高いからワンパターンになりがちだったけど、今年からは大丈夫。

 

今流行りの人気通販で買えば、かなり予算を抑えることができちゃう。

 

2015年から、私は冬でもいろんなファッションを楽しみたいと思う。

 

titivate

titivate 冬物titivate 30代titivate アウター

titivate ショップページ

 

titivate

アースミュージックアンドエコロジー 冬物クロスコレクション アースアース コート

クロスコレクション ショップページ

 

titivate

グレイル 冬物グレイル 大人でも着られるグレイル 通販

グレイル ショップページ

 

titivate

サルース アウターサルース 冬物サルース ニット

サルース ショップページ

 

沈みがちな冬でもかわいくモテコーデ!

冬って嫌い。

 

だって、アウターは重くて肩がこるし、着膨れして太ってみえる。
おまけに、モノトーンが多くてなんだか暗くみえちゃう。
たしかにそうですね。重ね着して一番上に黒いダウンコートなど着ていたら、かなり地味な印象を受けますね。

 

ライトアウターで軽やかにおしゃれしやすい秋のシーズンから変わって、たしかに冬の季節は冬空の色と同じで曇ったかんじのコーディネートになりがちです。

 

でも、自分の肌の色や身長体型などを活かした着こなしを意識すると、冬のコーディネートもその他のシーズンと同じくらいおしゃれにすることができます。
2014〜15年の冬コーデ。まずは沈みがちなカラーをやめるところから、はじめましょう。
そうすれば、恋のチャンスに敏感なモテ神様も降りてくるかもしれませんよ。

 

冬服 人気 冬服 人気 冬服 人気 冬服 人気

 

モテる女子冬のカラーコーデ

この冬の流行りのカラーは、「グレー」です。
無難ではありますが、おしゃれな印象を与えるには難しいですよね。
まず明るいイメージを持ってもらうには、女性らしいホワイトを基調にしたコーデを心がけましょう。
その上でトップスにグレーを持ってくる。
カジュアルな場面ならパーカー。オフィスなど、少し控えめなコーデを意識するなら、カーディガンもいいでしょう。
その時にあまり濃い色を持ってきすぎないこと。特に暗すぎる色のタートルネックなどは真面目で賢い女性という印象を与えますが、可愛く見せるのは難しいです。

 

だからといって、キラキラしたホワイトは甘すぎる感が出るので、オフホワイトなど少し抑え目のカラーで決めれば、大人っぽい冬コーデが出来上がりです。

冬服 人気 冬服 人気 冬服 人気 冬服 人気

 

冬の旬素材ツイードとジャージで抜け感を出す

2014-15年冬にぜひ取り入れたい素材といえばツイードです。
しまむらとハリスツイードのコラボで10代〜20代世代にも一気に人気になりましたね。
男性ならスリッポンなどでやんちゃっぽさを演出するのにぴったりですが、女性ならスカートで取り入れたいところ。
流行りのグレーを履くなら、ラメ混などキラキラ素材を入れれば、お出かけコーデの出来上がり。デートやコンパなどモテシーンに重宝します。
また、ジャージー素材のスカートもひとつは持っておきたいですね。
ソフトタッチが女性らしさを強調させます。普段ははかないという人も赤やピンクなど明るめのカラーを取り入れると、一気に垢抜けます。
こういったおしゃれも冬服ならではのひとつの楽しみ方ですね。

 

冬服 人気 冬服 人気 冬服 人気 冬服 人気

 

2016年はあったかコーデがマスト

一時期は冬場に半そでニットを着る、なんて「シーズンレスファッション」が流行ったりもしましたが、2016年は「冬らしいシーズンファッション」がマストになるでしょう。

 

アウターを新調するなら、オーバーサイズの物をチョイスしましょう。

 

オーバーサイズのアウターが流行っているということもありますが、中に分厚めのざっくりニットを着てももたつかないというメリットもあります。

 

やっぱり冬には、ざっくりニットを着たいですよね!
でも、アウターを羽織ったらきゅうくつな感じになってしまって、なんだかカッコ悪いファッションに・・・ということ、経験したことある人も多いかと思います。

 

屋内ではずっとアウターを着て歩きますから、アウターを着た時の印象は冬ファッションにとってものすごく大事なポイントです。

 

残念な冬コーデにならないためにも、オーバーサイズのコートは持っておいた肩がいいでしょう。

 

かわいい系のファッションであれば、ポンチョコートなんかもアリですね。
数年前に流行ってすでに定番化したポンチョコート。2016年になった今では、さまざまな種類が販売されています。

 

自分の好きなファッションテイストにあった物をチョイスしてみましょう。

 

ファーやボアを取り入れて

あったかファッションに欠かせないものといえば、アウターだけではありません。

 

スヌードやマフラーなんかもマストアイテムですね。
特にファーのついたものが2016年は大流行しそうです。

 

オーバーサイズのアウターに合わせるととても今年らしいコーデになります。

 

ふんわりしたボリューミーなファーを合わせると小顔効果も期待できます。

 

ファーはどうしてもセレブ感・ギャル感が出てしまいますから、そうした雰囲気が苦手な人もいますよね。

 

ナチュラル感を出したいのであれば、ファーよりもボアを選ぶといいでしょう。

 

ボアだと毛足が短く丸いので、やわらかい印象になります。
ナチュラルな洋服が多い人は、ボアのスヌードやマフラーの方が合わせやすいでしょう。

 

こうした小物でなくても、洋服の襟やフードがボアやファーになっているものもいいですね。
最初からセットになっているものは、コーデをする必要がなく、使いやすくなっています。

 

「ボアやファーのコーデが上手にできない!」という人は、最初からついているアイテムを購入すると無難に流行りを楽しめるでしょう。